歯磨き 虫歯

え!?歯磨きをしていても虫歯になるの!?

歯磨きをしていても虫歯になる

私は歯をちゃんと磨いているのに虫歯になるのが悩みです。歯の磨き残しが原因なのか1ヶ月の検診に行くと必ず虫歯が見つかります。元々虫歯になりやすい歯なのか自分では一生懸命磨いているのですが検診に行くとショックを受けます。

 

酷い虫歯にならない内に小さな虫歯が見つかればすぐに治療は終わるので良いのかなと思いました。

 

それからは歯間ブラシや歯磨き粉の見直しをして虫歯予防を頑張っています。歯並びも悪い方なので隅々まで磨けていると思っても意外と磨き残しがあったのかなと思いました。虫歯になる所は必ず歯並びが悪い所なのでもっと早くケアをしておけば良かったなと思いました。

 

定期検診で1度でいいので全く虫歯が無い時がくればいいなと思いました。

 

虫歯になる原因は磨き残しもそうですが歯石がたまってしまうのにも原因があると先生から聞いたので定期的に歯石取りをしてもらう事にしました。そうしたら沢山虫歯が見つかっていたのですが小さな虫歯が1つだけになりました。歯石がこんなにたまっているなんて思いもしませんでした。毎日頑張って歯を磨いているのに何でたまっちゃうのかなと不満でした。

 

自分でケアをするのは限界があるので歯医者さんに任せようと思いました。

 

 

 

この痛み、実は虫歯だった

 

歯医者さんって、大人であってもやっぱり行くのには少し勇気が必要ですよね。治療が恐いというのもありますが、なんとなく自分に虫歯があるということを認めたくなかったりしませんか?だって虫歯があるって言うと、ちゃんと歯磨きしてないって思われそうですし。
これは私が初めて虫歯になった時の話です。

 

私は生まれて約30年、虫歯になったことがありませんでした。キチンと食後に歯磨きしていれば虫歯になんかならないと思っていましたし、30年間虫歯なしの実績が私の判断を鈍らせました。ある日、急いでいたため少し走ると、口の中がズキンッとしました。

 

ピンポイントでこの歯が痛んだ、という感じでもなく、なんとなく口の中でも右下が痛かった、という感じです。口の中のことなので、一瞬虫歯を考えましたが、前述の通りの慢心から、やはり虫歯ではない、ストレスかなんかだろうと歯医者に行くという選択肢はありませんでした。

 

しかし痛みは日に日に強くなる一方です。最初は走った時にだけある痛みだったのが、甘いものを噛んだ時、冷たい飲み物が歯に触れた時と痛みを感じる瞬間が増えてきたのです。それでも半年ほど、痛いとは思いつつも、虫歯ではないと自分に言い聞かせて過ごしてきましたが、その日はやってきました。

 

我慢出来ない痛みに、子どもに話しかけられてもニコリともできない。流石にマズいと思い、主人にも促されとうとう歯医者へ行きました。それでも、まだストレスのせいかもしれないが取り敢えず歯医者さんに見てもらおうという気持ちでいました。

 

でも結果は虫歯でした。幸いにもその場で1本抜いただけで終わりましたが、すごくショックでした。今でも信じたくない程です。

 

 

奥歯にはいったひびが、頭痛の原因でした。

 

恥ずかしながら高校生のときにたくさん虫歯ができて、あちこち治療してもらいました。上の左右の一番奥の歯の虫歯は大きく、神経を抜いて、金属の土台をいれ、銀歯をかぶせる治療をすることになっていたのですが、金属の土台を入れたところまでで通うのをやめてしまい、そのまま実家をでてしまいました。

 

銀歯がきちんとかぶさっていないので、隣の歯との間に大きな隙間があり、しょっちゅう物がつまっていました。実家を出て二年後、歯医者に通うことになり、奥歯を治療してもらいました。金属の土台を削って外し、根っこの治療からやり直したのです。その時は左右とも最後に銀歯をかぶせるまできちんと通うことができました。

 

時を同じくして、頻繁に右側の頭痛に悩まされるようになりました。蓄膿症や偏頭痛、肩こりなどを疑ったのですが、いずれも違うとの診断です。頭痛は毎日のように発祥する時もあり、薬もなかなかきかず苦労していました。

 

10年ほどそのような頭痛と付き合ったあと、右上の一番奥の歯に食べ物がつまりやすくなったので、別の歯医者にかかることになりました。

 

歯茎が下がって銀歯との間に段差ができて物が詰まりやすくなっているとのことですが、レントゲンを撮ってみると、根っこにひびが入っている上に、根っこに膿が溜まり再治療が必要とのこと。前の歯医者さんが削りすぎた、根っこの治療がきちんとされていなかった・・・?何があったかは分かりません。

 

しかし、根っこの治療をやり直してもらった結果、頭痛は幻のように消え去ったのです!頭痛ではなく、虫歯のせいで上の歯の根っこ・・・つまり、頬骨周辺が痛んでいたのでした。

 

 

 

歯科検診に行ったら虫歯が7本もありました。

 

以前歯科検診を受ける機会があり、軽い気持ちで行ったら治療が必要な虫歯が7本もありました。自分では痛みもなく気づいていなかったので驚きました。歯並びは良いのですが歯間の間が狭く、物が挟まると抜けずらいので歯間の間が虫歯になりやすいです。その時は夜歯磨きをせずに寝てしまったり、甘いものが大好きで間食も多かったです。

 

歯間ブラシなども自分では使ったことがなく、その結果が虫歯7本でした。その後数か月かけて歯医者での治療を終えました。その後は数か月に1回検診に行っていましたが、しばらく行けない期間がありました。

 

1年以上開いてから久しぶりに行くと、なんとまた同じところが虫歯になりかけと言われてしまいました。最近では歯の大切さに気付き、いろいろな研究なども報告されているので歯間ブラシも毎日使っていましたし、夜は必ず歯磨きをしていました。電動歯ブラシも購入して使用していたのでまた驚きでした。

 

まだ治療は必要ないとのことでしたがいつ虫歯になってもおかしくないとのことで、また定期的に歯科検診に通うことと、歯間ブラシの仕方を指導してもらい、フッ素がたくさん入った歯ブラシ粉もすすめられたまま購入しました。どうして手入れをしているのに虫歯になってしまうのかと、悲しいです。今後も手入れを頑張って続けていきます。

 

 

虫歯治療で出会った歯医者さん

 

会社の定期健康診断で虫歯が発見されました。歯の治療は、高いし、長いし、痛いし大人になった今も、好きになれません。
ですが、私もいい大人です。昇給にもかかわるため、しぶしぶ治療することにしました。

 

携帯で歯医者さんを調べ、予約をとって行ったのですがすごく混雑していました。30分待ってましたが、一向に動く気配がなく、毎回予約とってもこんな感じだと嫌だなと思い、受付でキャンセルし出ていきました。
どうしようかなと思い自宅へ帰っていると、ひらがなで書かれている、人気のなさそうな歯医者を家の近くで見つけました。
雰囲気だけでも見ようかと、近づくと空いてました。

 

「入れますか」と確認すると「どーぞ」とのことでしたので、意を決してそこで治療することを決めました。
化粧の濃いおば様が助手でいて、熊のように大きな、太めの先生でした。
虫歯を説明すると、案の定あれもこれも治したほうがいいよとのことでした。

 

ここも長いのかと思いながらも、適当にやめればいいやと考えていました。
すると、その日で虫歯の治療を終わらせてくれました。

 

また、これからの予定を相談して決め5回ですべて終わる予定で組んでますとのこと。今までは、あと何回通えばいいの?と、思いながらの通院で嫌になってましたが、ある程度目標があると通いがいがあります。

 

また、処置が本当に早くとても気に入りました。
家の近くにこんないい歯医者さんがあるならもっと早く通えばよかったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る